新卒入社で6年間勤務したパッケージソフトメーカーを退職します!!

こんにちは、P.G.CITYです。

私、この度転職することにいたしまして、ただいま人生の夏休み中でございます。

 

とあるパッケージソフトウェアを作っているメーカーで勤務していまして、2012年に新卒入社し、6年ちょっとが経過しました。

企業文化に微妙な面はありながらも、心優しいメンバーとともに業務やイベントに取り組めたこと、特にほぼ新卒採用の企業であり、多くの同期に恵まれたことが、私の人生にとってかけがえのない財産となりました。

なかなか人となじめない、引っ込み思案の私でしたが、その中でも夢中になって取り組むことができ、成長できたのは、多くの優しい同僚のおかげでした。なかなかうまくコミュニケーションが取れず迷惑をかけることもありましたが、その度にフォローしてもらったことに本当に感謝しています。

今まで働いていた会社では、技術職としてミッションをこなしてきました。保守的な組織の中でも先進的な業務に携わらせていただき、失敗を恐れずにチャレンジできる素晴らしい環境でした。

ですが、今の環境よりも新しい環境に移ってみたくなってしまいました。理由は非常に多岐にわたります。2年ほど前から少しずつ理由となる物事が重なっていき、今年の6月、大きな決断をしました。

1つ目は、開発に全く関係ない、事業とも関係ない雑多な業務でした。私はソフトウェアエンジニアですので、ソフトウェアの開発を行うことが主要な業務です。しかし、それ以外のイベントに関連する業務の比重が多く、多くの人が技術を伸ばしにくい環境になっていました。自分の部署こそある程度上司が止めていてくれていたものの、自分が指導している新人がそのような技術と関係ない業務をさせられて、技術を伸ばす時間を削られているのを見て、この企業の将来性は大丈夫なのかと、疑問を感じました。

2つ目は、事業の運営姿勢でした。様々な技術を使い、お客様に最適な解決策となるパッケージを提供する。それがお客様のビジネスに利益をもたらすという、自然な流れを実現したかったのですが、なかなか結び付かないことに悩みを抱えていました。また、企業のビジョンが経営側から見えにくく、業務拡大も目指さず、実際利益も上がりにくい状況でした。一部の部署では人材の流出が始まっており、自分たちの部署にも、どことない危機感が漂っていました。

3つ目は、給料と評価の不公平感でした。保守的な中でも先進的なことをさせていただいていましたが、給与体系は年功序列であり、何をしても年齢に応じた給料しかもらえませんでした。また、様々なところの評価で、業務の成果以外の帰属意識が重要視され、そもそも技術的に頑張っても会社自体に気に入られた人ばかりが昇進する状況で、不公平感を感じていました。

4つ目は、技術的に孤独な環境でした。近年でこそ新しい技術を取り入れるべく取り組んでいましたが、全社的に技術レベルが低く、新しいことを一生懸命に調べて取り入れようとしても、周囲の理解度が低いために、非常に孤独な闘いとなっていました。自分にとって到底届かないほどの高いレベルの人たちに、必死に食らいついていくような体験をしたかったのですが、なかなか目指せる人もいなく、何をしても手ごたえがありませんでした。

そんな感じで、転職を決意したのですが、今の仕事にも良かったことは多いです。

残業はほとんどなく、休みはしっかりとれました。しっかりとした研修、プロジェクトマネジメント体制、開発環境の構築、様々な業務のドキュメント化が行われていました。

古くからある企業ですので、基盤はしっかりしていたのです。それがかえって、ぬるま湯のような環境を作り出してしまっていたわけで、転職につながったのだと思います。

言ってみれば「卒業」です。

こんな心境です↓

でもね、会えたよ!
すてきな天使に

卒業は終わりじゃない
これからも仲間だから

放課後ティータイム 「天使にふれたよ!」 より)

ここでいう「天使」というのが、素晴らしい同期です。実は部署が違う同期も結構辞めていて、たまにある同期会が誰かの送別会になっていたりします。それでもそれぞれの場所からみんな集まってきてくれて、自分の送別会も開いてくれました。

どんなに素晴らしい転職者を集める企業でも、これほどの同期関係を築けるところは無いと思います。コミュ障の私で大して深い話もできない私でも、ここに集まれることが本当にいつもうれしいのです。これは、いつまでも大事にしたいことです。

 

次の転職先も似たような会社なのですが、すごく素敵なところです。正式にジョインするまでの間は人生の夏休みと捉えて、働きながらではなかなか時間が作れずにできなかったことを行うつもりです。クリエイティブなアイディアを出せるようにするために、色々な作品やコンテンツに触れインプットすることで、自分の中の引き出しを増やしたいとも考えています。

転職先の会社では、新しい仲間たちとともにアサインされたミッションに、できるだけ早くコミットして貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

 

今の会社に残る同僚、上司、後輩に気がかりなことはあります。今はひとまず大丈夫でも、個人の将来、組織の将来、深く考えると心配になります。私は転職という道を選んだのですが、何か抜本的な改革が行われ、また会社が元気になってくれれば、私もうれしいです。今の会社に関わる人、辞めていった人、それぞれの幸せを切に願っています。

 

あと、新卒で入る会社は、文化や、技術的な刺激の有無をしっかり判断したほうが良かったと反省しました。2012年ごろまではそんな風潮もあったけれど、不景気でも絶対つぶれない企業なんてものはなく、どこにいたって何があるかわからない世の中ですので、少しぐらいは挑戦できるところにいたほうがいいでしょう。

当たり前のことばかりかもしれませんが、参考になれば幸いです。

 

  • このテンプレをベースに編集しました。
    http://仕事.やめよう.みんな/
  • 本エントリで出てくる「雑務」というのは本当にめちゃくちゃな、業務としての「文化活動」みたいなものです。誰の利益にもならないです。

 

 

 

勉強会を企画してみたら壁が厚かった(1)

4月から、勉強会を企画していた。

3月頃からconnpassに登録し、社外勉強会に参加し始め、「LT大会程度なら社内でできそうだ」と思いつき、動き始めた。

まずは、近隣の席の数人に「勉強会やりたいです」と言った。言ったことで、意思が明確になった。

場所は社内のスペースを借りることができた。これは楽だった。

勉強会の内容はLT大会にして、テーマは自由、時間も自由にした。勉強会など1度も開かれたことがない状況なので、とにかく敷居を低くしようと考えた。

そして、片っ端から「勉強会やります。発表してくれませんか?」と聞いて回った。

発表してくれる人は集まったが、多くの人は、

「聞くだけならいいけど、発表はちょっと・・・」
「間違ったこと言ったら恥ずかしい」
「まずは(私)君が先生になって講義をしたらいいんじゃないかな」

などの返答だった。

やりたかったことは、
エンジニア一人一人が持っている知見を発信し、共有することであり、一人が発表すればよいものではない。全体的に、自分からのアウトプットには抵抗があるようだった。今後の課題である。

結局、集まったのは技術力がある人たちで、LT大会のはずが、みんな、20分くらいの発表を希望した。とりあえず、その人たちで第一回を開催することになった。

第一回は成功した。集まったのは12人だった。
興味がある人たちで集まったのでかなり盛り上がった。発表内容はどれも面白かった。(DBとかツールとかプログラムの話題。)

しかし、技術レベルを問わず、多くの人に集まってもらうという面では課題が残った。


そして、第2回も開催することにした。
ここで、規模の拡大を図ることにした。
これは意図的な判断である。

最初は一人一人声をかけていたが、今回は、部署全体に告知するようにした。結果、上から下まで全員に伝わることになった。

その反響を直接多くは聞いていない。でも、ポジティブなものからネガティブなものまで色々な意見があった。
例えば、「急がずクチコミでゆっくり広げたら」と言われた。

突発的な企画に、否定的な意見もあった。でも、やり方がそんなに悪かったとは思っていない。革新的な行動をとるときに遠慮は要らない。ただ、そう捉えられ(警戒され)ないための工夫はあってよかったのかも知れない。思いは革新することだったけれど、この告知は雑な面もあったかもしれない。

とはいえ、今回大事にしたかったことは、スピード感、インパクトである。
根回ししておくことは重要かもしれないけれど、それとは異なる価値観も示したかった。

やはり、気軽に勉強会が開けるような状況がいい。自由な環境と、エンジニア自身の解放が必要である。

いつまでも日本的組織のままではいられない。これからも、エンジニアの自由について考えていく。


日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?

〇〇エンジニアの生存戦略 ~ 「【まつもとゆきひろ氏特別講演】 若手エンジニアの生存戦略」を聞いて

〇〇エンジニアの生存戦略

この記事は、
2017/05/20 「【まつもとゆきひろ氏特別講演】 若手エンジニアの生存戦略」 を聞いて、自分も発信してみたいと思ったことを感想とともにまとめたものです。

発信したいこと

  • 技術に目を向ける
  • やりたいこと
    • 学ぶ
    • 実践する
    • 発信する
  • 一人のエンジニアとして自立
  • 自立の先にあるもの
    • もう少し自由になれる
      • まつもとゆきひろさんの講演より
        • 理不尽を拒否
        • 鈍感になる
        • プログラミングを極める
        • 人間心理に興味を持つ
  • 〇〇エンジニアの生存戦略

技術に目を向ける

社内勉強会をやろうとしたことの理由です。
社外勉強会で高度な技術を持ち楽しんで発信している人がいる。
これを自分のいるところでもやりたいと思ったのです。

勉強会によって

  • 学ぶ機会を作り
  • 学んだ成果を実践し(これはお仕事)
  • 実践した成果を発信する

これを行うことによって、知識を広げたり深めたりしたいです。

自立する

私たちは勉強会をすることで、きっと、自立できます。
自ら課題を見つけ、解決策を導き出せます。

多くの組織では、新人研修を行って必要な技術力を身に着けていますが、それだけではなく、自ら問題を発見し、解決できるという意味の自立です。

自立の先にあるもの

「もうすこし自由になれる」

エンジニアとしての自立の先に、もう少し幸せな未来があります。

2017/5/20
「【まつもとゆきひろ氏特別講演】 若手エンジニアの生存戦略」

最近、まつもとゆきひろさんの講演を聞いてきました。
「若手エンジニアの生存戦略」についてのお話でした。

ちゃんとした要約は以下のブログが分かりやすいです。

zuckey17.hatenablog.com

この講演のさわりについてご説明します。

若手エンジニアの生存戦略

  • 理不尽を拒否
  • 鈍感になる
  • プログラミングを極める
  • 人間心理に興味を持つ

これは、若手に限らず、技術者が技術者として生存するために必要なことだと感じました。

理不尽を拒否・鈍感になる

Matzさんは、東京への就職を避けて浜松の会社に就職しました。
そこでスーツが嫌でジーパンTシャツ出社をやってみて、
揉めるだろうと踏んでいたが案外だれからも文句を言われなかったエピソードから、

  • 我慢に価値はない。理不尽は拒否しなければならない
    • 「結果よりも過程」
    • 「生産性よりも忍耐」→理不尽
  • 組織の上から下まで、勘違いしている。社会的圧力に対して鈍感になろう。
    • 労働は我慢ではない。
    • 報酬は苦痛の対価ではなく、価値を提供することの対価。
    • 雇用関係というものは、もっと対等なものである。
    • 社会的圧力が生まれてしまっている。

というお話をされました。

私は組織の中で生きているので、何かと我慢することはありますが、
これからは我慢する前に、それが本当に価値につながっているのか、
見直せるようになれればよいと思います。

また、この話をポジティブにとらえると、

  • みんながやらない、やってもいいことがある

ということで、それは「ずる」ではなく「裏技」と話していました。

この間、社内勉強会を、前例がない中思い付きでやってみましたが、
案外誰からも怒られませんでした。 やってもよいことは、実は身の回りにたくさんあるのだと思います。

理不尽を拒否する方法

理不尽を拒否する方法として以下の項目が挙げられました。

  • 価値観にアプローチ
    • しかし、他人は変えるのは難しい → 無理なら逃げる
  • 社会的圧力を自覚する
    • 他人を変えられないにしても、圧力を自覚すれば、変えるなり逃げるなり判断できる。
  • 理不尽に対して声を上げる
    • (プラカードをもって行進しなくてもいいでしょうけれど、できる範囲で行動する)
  • 選択肢はWin-Win か、取引しない
    • 両方に得るものがなく力だけを使う「綱引き」は無駄

最後の質問タイムでも、「勤勉に価値を置く上司を潰すには」という質問がありました。

  • 成果によって黙らせる
  • 成果でも黙らない上司には
    • 上司の上司に言う
    • 逃げちゃう

この流れの中で印象に残っている言葉が「価値観」です。
身の回りに様々な理不尽があるとして、
まずは「技術」という価値観を多くの人で共有して、それを物差しにして
理不尽なことを、必要に応じて拒否していければよいと思います。

また、その物差しを使って判断する力は、技術者としての自立ではないかと思います。
学び、実践し、発信し、そして学ぶ。その自発的な繰り返しによって得られる自立によって、
今我慢しようとしていることに価値があるか判断でき、
意思表示ができるようになると思います。

今、勉強会をやろうとしている理由は、単純な理由ではありますが、
「若手エンジニアの生存戦略」につながるものがあると思いました。

〇〇エンジニアの生存戦略

皆様

  • 技術者として幸せですか?
  • 今一度、技術に注目しませんか?
  • 技術という物差しを手に入れて、技術者として自立して、
    我慢をやめて、理不尽を拒否して、本当に生み出したい価値を生み出しませんか?

2つの分野を学び、相乗効果をいかにして出すか

ずっと、どうやったら「簿記」「プログラミング」の知識を生かすことができるか、考えて生きていました。

私は、中学で初めてプログラミングに触れ、商業高校に入り、簿記とプログラミング(COBOL)を学びました。

商業高校では当たり前のように簿記とプログラミングを学びますが、双方を学ぶことの意味は知ることができませんでした。なんとなく「会計ソフトなら作れそう」と思ったことはありましたが、周囲をみると、簿記とプログラミング両方を生かせる仕事に就いた人は少なかったように思います。

そして、商業高校から工業大学・大学院と進みました。

とても苦手だったはずの簿記を忘れ去ることができず、日商簿記検定2級を何度も受験しては落ちました。他学部の簿記の講義を聴きに行ったりと、理系の学生としては半端なことを続けてきました。何とか卒業までに2級に合格できました。

その後会計ソフトを作る会社に就職しました。

そこでは簿記の知識を少し使いますが、特に「1級取れ」といったことはなく、持っている知識で十分やっていけました。でも、今も簿記1級の勉強をしています。

 

今まで「簿記」「プログラミング」両方をやってきて、いろんな人にいろんなことを言われました。

  • 「エンジニアとして基礎技術を学んだほうがよい」(エンジニア)
  • 「簿記1級なんて言ってないで税理士試験に受かりなさい」(税理士)
  • 「簿記1級なんて取ってもオーバースペックじゃないの?」

勉強していても、仕事していても、なかなか2つの分野は繋がらないことを感じましたし、周囲からは意思とは異なる助言を多方から受けることもあり、どうしたらよいかわからなくなることもありました。

結局、「この組み合わせを生かすことができる人は、自分自身以外には存在しない」と感じました。 誰も、今ある仕事をできるようにすることしか、助言できません。

あまり見られない技術の組み合わせを真に生かすためには、自らその価値を作り出さなければなりません。黙っていては中途半端なプログラマか、中途半端な経理になるだけです。

大きなイノベーションは、分野と分野の中間地点で起きるといわれます。
(簿記とプログラミングに関してはすでにFINTECHでにぎわっていますが)
異なる2つの分野を追い求めることは、夢のあることで、楽しいことです。

 

分野の重なる部分にある、大きな何かを取りに行くのです。

 

今、商業高校生が何をしているか知りませんが、
商業高校を出てきた人には、その幅広い学びを最大限に生かしてほしいと思っています。どうか、誰かの声に正直にしたがってしまい、スケールの小さいことにとどまらないでほしいと思います。  

宝物は、ちょっとだけ学んだ個々の科目ではなく、それらを組み合わせたり掘り下げたりすることによって生まれる大きな成果です。

 

【参加レポート】.NETラボ 勉強会 2017年3月


dotnetlab.connpass.com

.NETラボ 勉強会に参加してきました。
少し年齢層が高めでまじめに参加できました。

マイクロソフトMVPアワードプログラムのご紹介」 Microsoft MVP for Windows and Devices for IT 木澤朋和 氏

自分には遠い世界の話に思いますが、マイクロソフトMVPの話でした。
制度が変わり、申請のチャンスが増えたそうです。

自分には遠い世界の話ですが、.NET 技術をこれからも地道に勉強したりアウトプットしたりしていきたいです。

「今こそMicrosoft Bot Frameworkを学ぼう」 中島進也 氏

「BotFramework と LUIS を使ったアプリの開発」 横浜 篤 氏

Azureを全く使ったことがなかったので、
Bot FrameworkもLUISも知らなかった。

でも、今回二人のお話を聞いて、簡単にBotが作れることがわかりました。
簡単に作れるとわかれば、できそうなことはいくつか思いつきます。

定型的だけどちょっと面倒なコミュニケーションの節約です。

ただし、ちょっと気を付けたいのが、組織内プライベートの利用を認めていないことです。
そこがむずかしいですね。たとえばサポートでBotを活用するという話をききますが、
直接お客さんとコミュニケーションさせるには物足りないということが考えられ、
内輪で使用したうえで、人間によるサポートに役立てたいという動機があると思うからです。

ともあれ簡単です。

「最近流行りのエンジニア田舎へ移住ってどうなの?」 藤原隆博 氏

田舎に移住ってどうですか?
支援制度を活用して兵庫県の田舎に移住しませんか?という話。

まあ確かに、東京で消耗するという面は少なからずある。

個人的には、例えば長野県で暮らすとかだったら、それも人生の見通しが立っているなら、
ありかもしれないと思えなくもない・・・。

西のほうなのでさらにハードルは高くなってしまうけれど、
魅力的な田舎のお話でした。

「進化するEdge! ~Creators Update版の新機能から既存機能までまとめて解説~」 日本マイクロソフト テクニカルエバンジェリスト さっくる 氏

Edgeってすごく進化しているらしいです。

進化するEdge! ~Creators Update版の新機能から既存機能までまとめて解説!~

特に気に入ったのがタブの保存機能。

Operaはタブのサムネイルを自由な大きさで表示でき、重ねてグループ分けできて好きだった。
それに似たことがEdgeでできるようになってしまう。

まさに最強伝説。

この他にもいろいろ機能が追加されます。

感想

私は .NETといっても WPFやXamarinでアプリ開発するだけだったので、Bot Frameworkなどの話は全く知らない情報でした。新しい情報を知ることで、視野が広がり、「あんなことができそう」だと思えました。

自分の無知さが恥ずかしくなったので、これからさらに.NET技術を勉強していこうと思います。

【参加レポート】今さら聞けないJSフレームワーク一挙入門!【React、Angular2、Vue.js】

今さら聞けないJSフレームワーク一挙入門!【React、Angular2、Vue.js】に参加してきました。
今回、初めて懇親会もある「勉強会」に参加したことになります。

内容

React、Angular2、Vue.js + phina.js の豪華4本立て。

最近は、jQueryではなくこのようなライブラリが出てきて、AngularがいいかReactがいいかと、一人で悩んでいました。それを解決するための良い機会となりました。

React、Angular2、Vue.jsと、3つのフレームワーク(ライブラリ)の概要を知ることができ、それぞれのフレームワーク(ライブラリ)の大体の雰囲気を感じることができました。

懇親会

コミュ障ですが参加しました。
危うく孤立しかけましたが・・・。

それでも同じテーブルの方々と名刺交換させていただきました。
セッションで基本的な情報をインプットし、あとは懇親会で語り合うような形でした。

Angular2 つよい

ReactもつよいけどAngularが最近頑張ってるようです。

TypeScriptという言語は馴染みやすいです。
javascriptは確かにC++とかJavaを使っている人にとってはなじみにくいです。
TypeScriptによって従来の感覚で書けるのは大きいです。

Reactの場合はその文化になじめるかどうかという点が気になります。
ルートをたどっての片方向バインディングとか、デザイナーとの分業がどの程度可能かとか。
それと、Reactを覚えたらReactNativeで知識を生かせるのもいいと思います。
(ReactNativeってどうなんでしょう)
これからもう少し深く知ってみたいです。

始めやすいのは Vue.js

React か Angular2かという悩みを抱えていましたが、
jQueryつかってきたひとたちの未来には、Vue.jsがよさそうです。

まず、ReactとかAngular2とかは重いフレームワーク(ライブラリ)であること。

Vue.jsなら、jQueryと同じ感覚で、読み込むだけで使用できます。
現実的に考えると jQueryを使っている現場はたくさんあるし、
そこからの現実的な次のステップとしては、Vue.jsが選択肢となるのでしょう。

ReactやAngular2に比べて学習コストが少ないので、
まずやってみる、ならばVue.jsのほうがいいかもしれません。

感想

集まってきた人たちはいろいろでした。
学生さんが多くいましたし、仕事帰りの人も多かったです。
でもスーツを着たひとはほぼいませんでした!

私の日常の仕事にはフロントエンドもサーバーサイドもなく、これといった魂はありませんが、 ここには確かに、フロントエンドという世界の雰囲気がありました。

これからのフロントエンド開発はどうなるかという話も聞けました。

あとは、モダンWeb開発にどう入っていくかという課題については、
どうしても最近の開発は大それたもので、実際必要としていたものはもっと小さいものだったりするし、
フレームワークやライブラリには、学習コストや、それぞれの規模があるし、相性もあるので、
トレンドをつかみつつ、流されず、まずは小さく始めていきたいと思いました。

未来はどうなるかわからない。3年前には予想もつかなかったし、3年後はなおさらわからない。
死んだ技術を数えてみればいくつも浮かんできます。

残らない技術をつかむとしても、それでもやっぱりたくさん作らなきゃ強くなれないと思います。
保守的は保守的でいいのですが、やっぱり、何かを思いつくなら作りたい。

作っても作らなくても技術の進歩は加速してしまいます。
Prototypeに乗り遅れ、jQueryにも乗り遅れ、
モダンWebにも乗り遅れるわけにはいきません。
作らねばなりません。

こういう懇親会のようなイベントでは、まだまだメリットを出しきれていない自分ですが、
諦めずにまた参加したいと思います。

DroidKaigi 2017 感想

DroidKaigi 2017 に参加してきました。

droidkaigi.github.io

Androidのことはほとんど知らないのですが、 開発全般の広範に渡り学ぶことができるため、参加してみました。

全体的な感想を書いておきます。

1日目のこと

pgcityblog.hatenablog.com

2日目のこと

pgcityblog.hatenablog.com

Material Design

いたるセッションで Material Design が取り上げられていました。それだけよい思想なのでしょう。
Material Designでなくても、何らかのデザイン思想に基づいてソフトを作るべきですが、周囲を見るとなかなかそうなっていない場合が多いです。 あと、どうしても、動きの部分については何も思想を持たず何もせず、いまいちの出来具合ということが多いです。 これからMaterial Designなどのガイドラインを見て、意図をもってUIを作っていきたいと思います。

  • まずはMaterial Design のガイドラインを読む。
  • 身の回りのUIについて考える。

MVVM

MVVMが多く取り上げられていました。 しかし、MVVMのセッションの前の話題提供で「MVVM使ってる人」という声に反応があまりなかったので、Androidの世界でどの程度普及しているのだろうと、疑問に思いました。

WPF, Xamarinだと、自然とMVVMできるんだからやろうという気になりますが、Javaの世界だとどうなのでしょう。しかし、いい考え方なのできっとこれから普及していくと思います。

  • XamarinでMVVMを学ぶ

開発の進め方

リファクタリングの話、プロジェクトの体制の話。 思ったことはAndroidアプリ開発のプロジェクト規模は小さく、短期間であることです。 エンジニア自分ひとり、みたいなところも普通にありそうですが、ちょっと寂しい感じもしました。 だからこそDroidKaigiの存在価値があるのかもしれません。

こんなスピード感がある開発はうらやましいです。

  • レガシーな部分でもなんとかスピードを上げていきたい。工夫する。

今回、いろいろな話を聞くことができ、私はAndroidエンジニアではないのですが、日常の学んだことを取り入れてみたいと思いました。 今度はAndroidでアプリでも作って、来年、より有意義な形で参加できたらよいと思います。